睡眠薬にはセロトニンが配合されています

睡眠障害に、悩む人はストレスが多いこの社会ではとても増えています。
眠りたいのに、目だけ冴えて眠ることができない入眠障害や途中で目が覚めてします中途覚醒や早朝に目がさめるものなど個人差があるのが不眠症の特徴です。
人間は、昔から夜は眠るようになっていますが、社会が24時間起きている現代では脳までも錯覚をしてしまうことがでてきます。
しかし、寝ることが疲れを癒やすには大切なことなのに、その睡眠を阻害されるのはとても苦痛になります。
また、寝られないということがまた、新しいストレスを生むことになり体には悪循環が続いていきます。
もともと、人間の脳には夜には眠るように睡眠薬のような効果がある物質があります。
その睡眠薬のような働きをするのがメラトニンという成分です。
このメラトニンが、正常に作用すると人は健やかに寝ることができます。
脳から、このメラトニンを出す条件は暗くなると通常は出していきます。
睡眠薬を、必要とする人にはこのメラトニンの代用をするセロトニンを処方します。
精神的にストレスなどを、感じやすい人は昼間にこのセロトニンを作ることができない状態になっています。
そのために、セロトニンが不足するので寝るためのメラトニンが分泌されないことなり不眠症になります。
この不足しているホルモンであるメラトニンを分泌させるためにセロトニンが使用されています。
睡眠薬と、聞くと抵抗がある人がまだいますが、最近のものは副作用もあまりなく依存性も少ないものです。
寝られないことを、我慢していると体にも悪影響を及ぼします。
今は、まずゆっくりと睡眠が取れるようにすることが最優先しています。
そこから、不眠症の原因であるストレスを探していきます。