睡眠薬を使うなら正しい服用をしましょう

ストレスなどにより不眠症になってしまい治療法として睡眠薬を服用している人も多いでしょう。睡眠薬にもいくつか種類分けがされており、短時間作用、中間時間作用、長時間作用のものとあります。不眠症の症状により薬が効く時間が違ってくるのですが、どの睡眠薬の場合でも正しい服用をすることが大切です。

正しい服用とは、まず睡眠薬を服用したら眠気があってもなくても眠れる状況を作りましょう。薬の効果が現れるのは30分前後となるので、飲んだら布団に入るように心がけましょう。飲んでも起きている状態でいると、歩行中にふらついてしまい転倒してしまう恐れも出てきてしまうので注意が必要です。特に高齢の方で服用している場合は、少量であっても効き目が強くなる場合もあるため、一緒に住んでいるご家族の方も服用後はすぐに布団に入るよう声をかけてあげるようにしましょう。またアルコールと一緒に飲むことは止めましょう。睡眠薬の効き目が強くなってしまうので、ふらつきなどが起きやすくなってしまいます。そして容量は守るようにしましょう。飲んでも眠くならないからと医師から指定された量以上を服用してしまうと副作用が起きやすくなります。また服用することで、ふらつきやめまいなどといった副作用があらわれた場合も、医師に相談をして睡眠薬の種類を変えてもらうなどしましょう。また、他の病気の治療のために服用している薬がある場合は、睡眠薬を処方してもらうときに飲み合わせなどの問題がないか、医師や薬剤師さんにチェックしてもらう必要もあります。

他の薬もそうですが睡眠薬も正しい服用をすることが大切です。正しい服用が不眠を解消できるポイントになります。また眠りやすい環境づくりをすることもリラックスでき不眠を改善できるようになるでしょう。